スポンサーサイト

  • 2007.01.02 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


風邪を引きやすい人とそうでない人。

寒くなってきましたね…、、
まわりで本格的に風邪を引く人が多くなってきてる!!
私は いつもの睡眠不足は仕方ないとして、、気が張ってるから
ん??と思っても そこは気合いで!!
(それで済まない時も多いですが…)
つもりにつもって、お盆やお正月に、いざ爆発!がいつものパターンです。
しかし 気功の整体の先生曰く
『季節の変わり目ごとにしょっちゅう風邪引いて、3日位で治る人が実は健康。
年に何回かしか風邪引かないけど、高熱が長引いて治りが遅い人は、悪い』
らしい。体が敏感か、そうでないか、という事ですね。
なかなか風邪引かない人は、相当体が鈍っているとか、、。。
菌が侵入しても、反応しないのですね。

もちろん私は後者の方で…。。(涙)

病院行ったり、検査したり、気がついた時はすでに遅し、、悪化してて。
『なんでもっと早く来ないんですか!!無茶し過ぎですよ!』
と色んなお医者様にお怒りを受けてますねぇ、、、

そろそろ気合いだけには頼れないし(歳?)
この冬は気を付けないとなぁ。。

そういえば、風邪菌の話をしていて
『細胞が頑張って菌と闘った証が鼻水なんだよ〜』
『え?オイラの細胞死んじゃうの?』
『闘って 菌を制して死んじゃうねん〜』
『いややなぁ〜、仲良くして欲しいのに〜』…って言ってた人がいましたが(笑)

それやったら風邪、治れへんやんっっ!!!!

皆さん 風邪引かない様にしてくださいませ。

新世界にて。

今夜も新世界でLIVE。馴染んできたメンバーと楽しい夜!
8年ぶりの再会があったり、また新たな繋がりが発覚したり。
やっぱり、音楽は色んなものを繋げていってくれる。
こうしてずっと音楽を続けられる事、ほんとに幸せ。

    ↓ホルモンキングSAKAIさ〜ん


時間が足りない〜、、

あぁぁ、、追い付かない!
やりたい事も、やらなきゃいけない事も、多過ぎ…(泣)
一週間なんて まばたき?ぐらいのはやさで過ぎて行ってしまう。。
気が付いたら 年が明けてて、春になってるんだろうな。。
いやいや そんなのんきにはしてられない!やる事テンコ盛りっ!!!
頑張らねば〜!!!

朝日新聞(全国版です)見てくださいね。

『患者を生きる』という連載コラムがあるんですが、
昨日(14日)の朝刊から、私が吹田で教えているドラムの生徒さんの記事が連載されています。※6回の連載です。

『高次脳機能障害』という病気で現在、左手足に麻痺があり、視界も右側半分のみ、
記憶にも難がある生徒さんなんですが、彼がドラムにチャレンジして約1年になります。彼の指導を引受ける時、とても悩みました。
まず、そういったハンディを持つ生徒さんの指導経験が無かった事。
両手足を使う楽器において 彼の持つハンディはとても大きい。

けれど講師という仕事をしてきて 今やっと10年、
私ももっとチャレンジしていかなければと思い、レッスンに来ていただく事に。
最初は時間があっという間に過ぎていってしまい なかなか思う様に
進めませんでしたが、
繰り返し繰り返し チャレンジするごとに、少しずつ上達して 
今では 曲が叩ける様にまでなりました。
叩くスタイルは ちょうど、私達がよく左手で譜面をめくったり スティックを落としてしまった時に、右手と右足だけで叩くんですが、 でもドラム全体を使って、必要な音を出していく、というスタイルでやっています。
彼自身が『僕にもビートが叩ける!』って実感してからは 予想以上に上達しました。

今とても、楽しんでます。
たまに記憶がぽっっかり抜け落ちてしまう時もあるのですが、
レッスンしながら リアルタイムで私がびっしり書く『今日やった事』ノート
(要所要所だけだと思い出せないので、レッスンの始め〜終わりまでを
そのまんまに書いてあるノート)を見ながら
『先生、思い出した!!これ先週やったよね!』ってほんとに一生懸命、
頑張ってる。その姿にいつも私は逆に元気をもらうくらい。

努力で叶えられるものは 絶対にあきらめちゃだめだ、って
それは ハンディの有る無しに関わらず、大切な事だと思います。

彼は時々、手紙をくれます。言おうと思っても、それを忘れてしまうから、と
この病気がどんな特徴があるのかという事、自分に出来る事、出来ない事。
少し手を借りれば ここまでは出来る、という事、
ブラスバンド部で喧嘩をした事、家族や病院の先生に対して思う事。

そしてドラムがまた大好きになったと言う事。

…本当に嬉しいです。
彼が私に書いてくれた手紙で一番印象に残っている言葉は
『僕は、障害者という言葉はあまり好きではない、
それよりも、「チャレンジド」という言葉のほうが好き』

まさに、チャレンジをテーマに頑張っています。

『高次脳機能障害』という病気がどういう病気なのか、
また彼がどうしてそうなったのか、が『患者を生きる』というコラムに
書かれてあります。一人でも多くの方に知ってもらいたくて、
このブログに書かせていただきました。

朝日新聞、是非見てくださいね。
私とのレッスン風景の写真も載る予定です。

読まれたご意見、ご感想などは ここのコメント欄、
iryo@asahi.com へどうぞ宜しくお願いします。

今、感じること

痛み。
深い痛み。

そして望み。

閉じた瞼に映る まだ輝きだしたばかりの光
その先は、 遠くにあって 

近くに見える 過ぎてきたトンネル
こんなに 長かったかな
こんなに 短かったかな、って 思う。

どちらでもない。

ただ、その時を 一生懸命に 過ごしてきた事に
嘘も 後悔もない


その想いが心に存在し続ける限り。


私は私でいられる。

新世界の夜

新世界でのライブ、ほんとに楽しい夜でした。おいしい串かつ食べて、飲んで、みんなで音楽まるごと楽しんで…

普段のライブハウスとはまた違う、とてもアットホームな雰囲気の中で。見ているお客さんたちの楽しんでいる顔も間近で感じながらの演奏は、やりがいと言うより、
『見られ甲斐』があるかも(笑)

ほんとに大阪にこういう場所がもっと増えたらいいなぁ。
頑張らないとね。

また来週が楽しみです。

私がみているもの。

ずっと気持ちの中にあった事
知らず知らずに 鍵をかけては しまい込んで。
開けようとしても、ポケットの中を探すみたいに

鍵が 出てこなかった。
ちゃんと、いつもあるんだけど

空回りして 取り出せなかった鍵。
わざと、隠したり 失くしたふりをしたり。


でも、もう 開けてみようと思う。

今、しっかり その鍵を握ってる。
『スペアキーは無いからね。』 って言い聞かせて。



開けるんだ。

また風邪引いてるよ〜

もうピークは過ぎたものの、頭痛はするわ 鼻水は止まらないわで
ぼけ〜っとしてる。。今日はBlues bandのリハでしたが、
やっぱり 音楽してる時はもう忘れてる(笑)治ったのかなと一瞬勘違いしてしまう。

そういえば昔、40度近くの爆熱を出しながら かなり強力な音量のバンドの
のライブしたっけ、、  あそこまでいくともう、人間には戻れません!!
演奏中は分からないんですが、終えてからの体力の消耗といったら。
まるで踏まれて死んだカエル。
年に一度飲むか飲まないかのコーラが まるで薬の様に体に染み入ったっけ…
(ていうかブドウ糖ですから。さすが吸収、速いです。)
今日は いつも飲んでるコーヒーではなく、
オレンジジュースを飲んで。ユンケルも飲んで(笑)。

リハもいい感じで終われました!
こけら落としライブ本番まで あともう少し。
風邪引いてる場合じゃあないっ!

しっかり治して、挑もう。

ありがとう。

先月のはじめに 『月』のタイトルで書いた日記。
そうそう、お願い事。
心を込めて、祈った。誓う様に…


…叶ったよ。


ありがとう。





一日10粒まで!

銀杏!美味しいんですよね〜。父が近くでたくさん拾って来てて。
御堂筋でも 結構落ちてます。でも、結構臭います!(帰り道…)
めったに食べないから、嬉しいな〜♪
封筒に入れて、電子レンジで2分弱、殻がはじけたらOK!
あとは粗塩をつけてシンプルにいただきます。
茹でたり 焼いたり、炊き込みご飯にしたりと色々出来そうなので 
また時間出来たら作ってみよ〜っと。
でもでも。
聞くところによると、ナッツ類と一緒で、気をつけなければいけないのが
『脂肪分』。かなり高いのです。
見かけ枝豆みたいなものなのにね(笑)
食べ過ぎ注意ですっ!


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM